トルコのカッパドキアに行ってきた

2019.7.16

トルコ カッパドキア観光 1泊2日ツアーに参加してみた(2日目)

ツアー1日目はこちら→「トルコ カッパドキア観光 1泊2日ツアーに参加してみた(1日目)」

参加したツアーはここから予約しました→゜:*★トルコのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

2日目 ホテル出発

ホテルのレストランで朝食を食べてホテルはチェックアウト。エントランスでガイドさんと合流。昨日いっしょだった1組の夫婦がイスタンブールに帰り、今日のツアーは自分たち2人のみです。荷物を車に積み込み出発。

ローズバレー

Rose Valley

前日にここで日没を見る予定でしたが、夕方に小雨が降っていたため予定を変更しました。

ローズバレー

雄大な風景。サンセット見たかった。

ローズバレー

オルタヒサール村

「ハウルの動く城」のモデルになったという岩山です。

オルタヒサール村

岩山の要塞。現在は崩れやすくなってるため登ることはできません。

オルタヒサール城

ここでトルココーヒーを注文しました。

トルココーヒー

景色を眺めながらしばらく休憩。

トルココーヒー

ギョレメ野外博物館

Goreme Open Air Museum

ここでは12世紀ごろキリスト教徒が、岩山をくり抜いて作った教会や修道院を見ることができます 。

ギョレメ野外博物館

観光客が多い。

ギョレメ野外博物館ギョレメ野外博物館

内部の宗教画や教会内は撮影禁止でしたが、調理場や住居跡はOK。外は暑いけど洞窟の中はひんやりしていて涼みながら探索します。

ギョレメ野外博物館ギョレメ野外博物館

午前中の観光は終了。個人の住宅を改装したレストラン「私たちの家」で昼食。

レストラン「私たちの家」

名物「つぼ焼き」を注文しました。ビーフシチュー的な感じでうまい!

「つぼ焼き」を注文

食事はツアー料金に含まれています。飲み物は別料金になりますが、カッパドキア産ワインやブドウジュースなどたくさん揃っています。

ワイナリー

食後は「土産物店めぐり」第3弾。トルコ絨毯屋。

トルコ絨毯屋

絨毯作りを学んで体験 → 購入という流れですが、金額が10万〜30万円くらいの商品を勧めてくるので必要なければしっかり断りましょう。ここがこのツアーの難所。

パシャバーの「妖精の煙突」

Pasabag Valley

修道士が住んでいたというキノコ岩地帯。いかにもカッパドキアらしい写真が撮れます。

パシャバーの「妖精の煙突」

シメジが生えているようです。入り口付近に土産物屋やカフェなどもあり。

パシャバーの「妖精の煙突」

パシャバーの後は小さな集落の教会に寄って観光終了。

小さな集落の教会 小さな集落の教会

ガイドさんと別れてシャトルバスに乗り空港へ。他の旅行者と乗り合いになります。

ネヴシェヒル空港で待機

イスタンブールに到着。空港の出口でツアー会社のスタッフが待っています。自分の名前が書いてあるボードを探して合流→ホテルまで送迎で終了です。

イスタンブールへ

現地ツアーの良いところと良くないところ(MTIツーリズムの場合)

範囲が広いカッパドキアの観光は、公共の交通機関を使ったり個人でレンタカーを借りるより、ツアー会社を利用するほうが断然おすすめです。下調べの必要もなく短時間で主要な観光地を効率よくまわることができるからです。しかもガイドさんが日本語で説明してくれるので、より深く意味や歴史を理解できます。費用的にも往復航空券とホテル代を考えれば(2人以上で参加の場合)かなり安いと思います。

ただし、「土産物店めぐり」は難点。店には日本語堪能な販売員がいて、断りにくい空気を作って買わせる手法がうまいのです!買うつもりがなければ「買わない」とはっきり言いましょう。

今回のツアーはベルトラから予約しました→゜:*★トルコのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

トルコ カッパドキア観光 1泊2日ツアーに参加してみた(1日目)