部屋が猫臭いかも…スプレーだけで獣臭が消えた!猫くさい部屋を消臭してみた

2019.9.12

部屋が猫臭いかも…スプレーだけで獣臭が消えた!

わが家は現在2匹の猫が平和に暮らしています。

が、、外出先から戻って玄関に入った瞬間、「ん?」と思うことがありました。それほどキツくはないものの、なんとなく動物臭というか獣っぽいニオイを感じます。

飼い主は自分の家のニオイに気づきにくい傾向があるそうですが、僕の場合は猫が2匹に増えて多頭飼いになった直後に感じました。慣れてしまうとニオイがわからなくなったかもしれません。

多少はしょうがないと半分あきらめつつも、芳香剤とかでごまかしてきたんですが、消しきれないニオイが気になっていたので、ネットでいろいろ調べて「除菌モーリス」と「プリジア」を試してみました。

部屋中をスプレーしまくってみた

まずは除菌モーリス。玄関や猫トイレの周辺、床、ソファー、カーテンなど、手あたり次第にスプレーしてみました。

大量にスプレーしたせいか、直後はプールの塩素(または漂白剤のハイター)のようなニオイが…

「除菌モーリス」

オシッコとウンチを捨てるゴミ箱の中にもスプレーしておきました。

ゴミ箱の中にもスプレー

心配していた塩素臭も2、3分で無臭になりました。その後、外出して戻ってくると、あの動物臭がしない!猫トイレ付近も無臭になってる!

猫トイレの消臭

消臭力はすばらしいです。とくに猫トイレのニオイは、はっきりと消臭効果を感じました。

除菌モーリスの中身は次亜塩素酸水という液体です。次亜塩素酸水とは一般的な消臭剤のように、ニオイに香りをかぶせるという消臭方法とはちがってニオイを分解して消臭します。消臭したあとは水になって蒸発してなくなるので、ペットがいる環境でも安心して使用できるそうです。

次亜塩素酸はペットのニオイ以外にも、アルコールで除菌できない菌やウイルスにも効果があって、いろんなメーカーから発売されてます。どの製品も成分は、次亜塩素酸ナトリウム + 希塩酸 + 水 なので、ちがいは濃度くらいかと思います。

※2020年4月現在、新型コロナウイルスの影響で次亜塩素酸水の価格が高騰しています。以前アマゾンで購入したときは「除菌モーリス 400mL」が592円(税込)でしたが、現在1,980円になっています。

※2020年5月現在、2本セットが2,980円になっています。

別の日に再びスプレー

こんどは別の日に「プリジア」を試してみました。

同じように玄関や猫トイレ周辺などにスプレーしました。

獣臭やトイレのニオイは消えました。モーリスとのちがいはそれほど感じられませんが、塩素臭はモーリスよりマシな気がします。それと猫の毛玉吐きの後に使ってみると、Amazonのクチコミにもあるとおり瞬時にニオイがなくなって効果を実感しました。

成分は、次亜塩素酸 + 次亜塩素酸イオン + 水で、モーリスと同様に使用後は水に変化します。パッケージに「Forペット」と書いているので、よりペットに特化した商品なのかなと思います。ただ今回、家中にスプレーしてボトルの1/3ほどを使ってしまったのでコスト的にどうなのかという問題もあります。

この「プリジア」もコロナの影響で2020年4月現在、価格が1199円(税込)から1,745円(税込)になっています。

除菌モーリスとプリジアともに、かなり消臭効果があるとわかりました。部屋に漂う猫臭には有効です。ただ、試してはいませんが、たぶん猫のおしっこがついた床などを完全に消臭するほどの力はないと思います。そういう場合には、クエン酸を水に溶かしてふき取る方法がおすすめ。ニオイが消えます。

コロナウイルス対策で品切れ

コロナの影響で、このほかの次亜塩素酸消臭剤も品薄になっています。

ハイパーCペットは値上げはありませんが、スプレータイプの商品がすべて品切れ中で、詰め替え用商品が予約販売となっています。

ペットにも人にも優しい除菌消臭剤【ハイパーCペット】


猫関連まとめ(ウチの猫たち・猫の飼い方)