ハーネスを嫌がる猫に「紐タイプハーネス」を試してみた「なぜ猫はハーネスを嫌がるのか」

2019.2.9

「なぜ猫はハーネスを嫌がるのか」 ダブルブロックタイプと紐タイプをためしてみた

病院へ行くときや災害時の外出に備えて、猫用のハーネスを購入しました。

猫は基本的にハーネスを嫌がりますが、洋服(ベスト)タイプとダブルロックタイプ、紐タイプの3種のうち、ハーネスに慣れていない猫でも比較的に難易度が低いと思われる、ダブルロックタイプと紐タイプをためしました。

ダブルロックタイプ

体にあたる面が広いダブルロックタイプ。ペティオ「猫小町」のMサイズを購入しました。胴回り36から45cm、体重7kgまでの大きめの猫に対応できるようです。和柄で緑の唐草模様と赤のまり模様の2種類から選べます。

ダブルロックタイプのハーネスは猫にとっては違和感があるよう(ペティオ 猫小町ソフトハーネスリード)

さっそくためしてみたところ…装着した瞬間から倒れて固まってしまいました。しっかりホールドして、すり抜けにくい構造ですが、猫にとっては動きが制限されて違和感があるようです。外に出ても歩こうとせず固まったまま。

紐タイプ

次にためした紐タイプのハーネス。「Premier Come With Me Kitty イージーウォーク猫用ハーネス&バンジーリード」を購入しました。サイズはS、M、L、カラーはピンク、ブラック、ブルー、レッド、薄紫、蛍光黄緑から選べます。

紐タイプのハーネスは猫もストレスがすくなくて許容範囲かも(イージーウォーク猫用ハーネス&バンジーリード)

体にあたる面積が少ないので、猫のストレスも少ない気がします。リードは着脱が可能。リードを着けずにハーネスだけを装着して室内で慣れさせることもできます。

Premier Come With Me Kitty イージーウォーク猫用ハーネス&バンジーリード

装着方法などのマニュアル付き。獣医師との共同開発で、猫のノドが苦しくないように設計されているそうです。

Premier Come With Me Kitty イージーウォーク猫用ハーネス&バンジーリード

多少は嫌がりますが、ダブルロックタイプに比べて動きやすいようです。

Premier Come With Me Kitty イージーウォーク猫用ハーネス&バンジーリード

外に出してみると…
歩きました!

Premier Come With Me Kitty イージーウォーク猫用ハーネス&バンジーリード

リードの長さは1m。ゴムのように伸び縮みするバンジーリードで、強く引っぱっても紐への衝撃がやわらぐ仕様になっています。最初は気になっていた紐もだんだん慣れてきたようです。

Premier Come With Me Kitty イージーウォーク猫用ハーネス&バンジーリード

猫がハーネスを嫌がる理由は、猫は体に何かついている状態が気持ち悪く感じる神経質な動物だからなのかなと思います。もちろん個体差はありますが。

体にあたる面積が大きい洋服タイプやダブルロックタイプを嫌がった猫には、紐タイプをためしてみると良いかもしれません。ただし、紐の長さの調整をまちがえると脱走の不安があるので注意が必要です。


脱走の恐れがある猫にはやはり洋服タイプにするしかないのかなと。災害時の備えとしてはこちらが良いかもしれません。

家猫は基本的にはハーネスとリードをつけて散歩する機会は少ないと思いますが、災害時など、いざという時のためにハーネスを用意しておくと安心です。できればたまにハーネスを装着して猫に慣れさせておくと良いと思います。

Amazonペット用品 猫用ハーネス