Illustrator かんたんな図形で描くイラスト(アンカーポイント移動と追加) - 初心者向けのかんたんなチュートリアル

2019.8.16

Adobe Illustrator tutorial vol.2

[Illustrator] かんたんな図形で描くイラスト - 初心者向け

図形の組み合わせと、かんたんな加工で描くイラストのチュートリアルです。
アンカーポイント移動と追加、ポイントやパスをすき間なくぴったり合わせる(ポイントにスナップ)方法など、イラストレーター初心者向けにわかりやすく解説します。

[Illustrator] かんたんな図形で描くイラスト - 初心者向け

長方形ツールで“線なし”の長方形を作る

長方形ツールで適当な大きさの長方形を作ります。初期設定では「線」がついているので、カラーパネルで線のカラーを「なし」にします。

長方形ツールで“線なし”の長方形を作る長方形ツールで“線なし”の長方形を作る

作った長方形を選択したままでメニューの「編集」→「コピー」、「編集」→「ペースト」で複製します。それぞれカラーパネルで塗りの色を変えます。

長方形を選択したままでメニューの「編集」→「コピー」、「編集」→「ペースト」で複製

ポイントにスナップさせる頂点の移動

長方形を移動して角の頂点=ポイントをぴったり合わせます。メニューの「表示」→「ポイントにスナップ」にチェックを入れておくと、ポイントにぴったり合わせる(吸着させる)ことができます。「グリッドにスナップ」と「ピクセルにスナップ」にはチェックを外しておきます。

メニューの「表示」→「ポイントにスナップ」にチェック
長方形を移動して角の頂点=ポイントをぴったり合わせます。

「ダイレクト選択ツール」で長方形の真ん中あたりをクリックして選択します。そのあとカーソルをポイントに近づけて(ポイントが変化します)ポイントをドラッグして移動、そのままもう一方の長方形のポイントにスナップさせましょう。

ポイントにスナップさせる頂点の移動

オブジェクトの辺(パス)だけを移動させる

次は長方形の辺=パスを移動させます。ダイレクト選択ツールでパスをドラッグします。

長方形の辺=パスを移動 ダイレクト選択ツールでパスをドラッグ

カーソルをパスに近づけると、パスに小さい×印がつくので、印が表示されたらドラッグを開始します。

オブジェクトの辺(パス)だけを移動

「アンカーポイントの追加ツール」の使い方

「アンカーポイントの追加ツール」でポイントを追加します。ペンツールを長押しでツールを選択、パスをクリックしてポイントを追加します。

「アンカーポイントの追加ツール」でポイントを追加

パスにカーソルを近づけると、パスに小さな×印が表示されます。×印が出たらクリックしてポイントを追加しましょう。追加したポイントをダイレクト選択ツールで上に移動してポイントに吸着させます。

「アンカーポイントの追加ツール」の使い方

長方形ツールで小さい長方形を作って窓をつけます。

小さい長方形を作って窓をつける

「シアーツール」の使い方

「シアーツール」を使って、全体を傾かせます。

「シアーツール」を使って、全体を傾かせる

選択ツールでドラッグして全体を選択。シアーツールに変更してシフトキーを押しながら上または下方向にドラッグします。

「シアーツール」の使い方

このほかにも、アンカーポイントの移動・追加などで単純な図形からイラストを作ることが可能です。

イラストの描き方・手順(イラストレーター)単純な図形からイラストを作ることが可能