ちぎれた紙のようなトリミング - イラレでギザギザに切り抜く

2020.2.17

やぶれた紙のようなトリミング - イラレでギザギザに切り抜く

写真やイラストなどの画像を、フチがやぶれた(ちぎれた)ギザギザの紙のように切り抜きます。

ギザギザは「効果」のラフを、切り抜きは透明マスクを使います。トリミングしたあとも形を変えたり、ギザギザの大きさや量を変更することが可能です。

では順番に説明していきます。

トリミングする形を作って効果の「ラフ」を適用する

長方形ツールや楕円形ツール、ペンツールなどでトリミングしたい形を用意します。

色は白にしておきます。

長方形ツールや楕円形ツール、ペンツールなどでトリミングしたい形を用意します。

このオブジェクトにメニューバーの「効果」 → 「パスの変形」 → 「ラフ」を適用します。

ラフを適用

オプションでサイズの「入力値」にチェックをいれます。適用するオブジェクトに合わせて「サイズ」と「詳細」をいい感じに調節しましょう。「ポイント」を丸くするかギザギザにするかはお好みで。

やぶれた紙のようなトリミング - イラレでギザギザに切り抜く メニューバーの「効果」 → 「パスの変形」 → 「ラフ」を適用

これでマスク用のオブジェクトが完成しました。

透明パネルでマスクを作成する

さきほど作ったマスク用のオブジェクトの下に、トリミングしたい画像を重ねます。

さきほど作ったマスク用のオブジェクトの下に、トリミングしたい画像を重ねます。

「透明パネル」を表示しておきます。パネルがないときはメニューバーの「ウインドウ」 → 「透明」にチェックを入れて表示させましょう。

「透明パネル」を表示

マスク用のオブジェクトとトリミングしたい画像を両方選択します。 そして「透明パネル」の「マスク作成」をクリック。

「透明パネル」の「マスク作成」

「透明マスク」が作成されます。

「透明マスク」が作成されます。

うまくいかない場合はマスク用のオブジェクトが白になっているかを確認してください。

マスクの変形とマスクの解除

透明パネルのマスク部分をクリックします。

するとマスク以外が選択できなくなり、マスクの形や色、効果などを編集することができます。

透明パネルのマスク部分をクリック

選択ツールやダイレクト選択ツールを使ってマスクの形を編集します。

この状態でアピアランスパネルの「ラフ」をクリックすると、さきほど作ったギザギザを編集できます。

透明マスクの解除

最後に左下(トリミングした画像のサムネイルがあるところ)をクリックして編集を終了します。

マスク自体を解除するときは解除ボタンをクリックします。