イラレで描いたイラストをフィルターで手描き風に加工する

2019.11.16

イラレで描いたイラストをフィルターで手描き風に加工する

イラレの「ブラシストローク」を使えば、手描き風のアナログっぽい表現が可能です。イラレ特有のパキッとしたイラストを柔らかい印象にしたい場合などに使えると思います。

イラレの「ブラシストローク」を使えば手書き風のアナログっぽい表現が可能

加工の方法は簡単です。順に説明していきます。

ラスタライズ効果を設定する

効果メニューの「ドキュメントのラスタライズ効果設定」を開きます。解像度を150ppiに、背景は透明に設定します。

ドキュメントのラスタライズ効果設定
ドキュメントのラスタライズ効果設定

印刷する場合は解像度を300ppi以上にしたほうが良いと思いますが、プレビューが重くなります。

ストローク(スプレー)で筆書きのような効果をつける

次に対象のオブジェクトを選択して、効果メニューの「ブラシストローク」 → 「ストローク(スプレー)」を適用します。ストロークの長さと半径、方向を必要に応じて効果を調整します。

ストローク(スプレー)
ストローク(スプレー)

しかし、効果をかけるとエッジに白いピクセルが残ってしまいます。背景を含めてグループ化して効果をかけ、そのあと外側をトリミングするなどして回避します。

白いピクセルが残るストローク(スプレー)背景を含めてグループ化して効果をかけ そのあと外側をトリミングするなどして回避

あとで効果を強くしたり弱くしたり、またはキャンセルしたいときなどは、アピアランスパネルで再編集することができます。

フィルターで手描き感をつける 処理前
フィルターで手描き感をつける 処理後

以上、イラレで描いたイラストをフィルターで手描き風に加工する方法、ストローク(スプレー)の紹介でした。