自由変形ツール

2018.7.31

illustrator 自由変形ツール 遠近変形や画像を変形させる方法

イラストレーターの自由変形ツールは、オブジェクトの拡大縮小や回転以外に、ななめに歪めせたり遠近感のある変形が可能です。

自由変形ツールはどこにある?

自由変形ツールは、ツールパネルの真ん中にあります。変形させたい対象を選択した状態で自由変形ツール選択すると、小さいパネルが出て「縦横比固定」「自由変形」「遠近変形」「パスの自由変形」が選べるようになります。

自由変形ツーツはどこ?
自由変形ツーツはどこ?自由変形ツールが見つからない・表示されないときは、パペットワープツールを長押し、またはキーボードの「E」を押して切り替えます。

自由変形ツールが見つからない・表示されないときは、パペットワープツールを長押し、またはキーボードの「E」を押して切り替えます。

自由変形ツールの使い方

自由変形ツールには3つの変形方法があります。

1.自由変形

縦横に伸縮させたり、ななめに変形させるツールです。optionキー(Mac)を押しながらドラッグすると、基準点を中心に変形させることができます。オブジェクトのまわりをドラッグすると回転させることができます。「縦横比固定」を選択中に伸縮すると縦横比が固定され、回転させると角度が45°→90°…に固定されます。

縦横比固定 自由変形ツールはどこ?
自由変形 縦横に伸縮させたり、ななめに変形させるツールです。

2.遠近変形

四隅のポイントを上下左右にドラッグすると、遠近感のある台形のような角度をつけることができます。

遠近変形ツールはどこ?
遠近変形 遠近感のある台形のような角度をつけることができます。
遠近変形の例

3.パスの自由変形

パスを自由な形に変形できます。四隅のポイントを自由に移動させて歪ませることができます。

パスの自由変形はどこ?
パスの自由変形 四隅のポイントを自由に移動させて歪ませることができます。
パスの自由変形の例

パスの自由変形ができない場合

テキストツールで入力した文字は変形できません。

文字を変形させるにはアウトライン化する必要があります。メニューの書式→「アウトラインを作成」でアウトライン化できます。

また写真などの画像もそのままでは変形させることはできません。画像を自由変形する場合はエンベロープを使います。以下、画像を自由変形する方法を説明します。

エンベロープで画像を自由変形する

写真などの画像はフォトショップで変形するほうが良いですが、イラストレーターで変形する場合はエンベロープを使います。

1.配置した画像を選択。リンクパネルで「画像を埋め込み」を選びます。

エンベロープで画像を自由変形する

2.埋め込んだ画像を選択。オブジェクトメニュー → エンベロープ → メッシュで作成…を選択。エンベロープメッシュを設定します。

 エンベロープ メッシュで作成メッシュで作成

3.これで自由変形ツールが使える状態になりました。

イラストレーター 画像の自由変形