チラシやポスターデザインのコツ(初心者向け)デザインのコツ vol.6

2019.8.6

チラシやポスターデザインのコツ(初心者向け)

デザインのコツ vol.6

チラシやポスター、ウェブバナーなどをデザインするときに役立つコツについて、実例を使って説明します。今回は下記3つのポイントに注目してみたいと思います。

下の内容をもとにデザインを組み立てます↓

この内容をもとにデザインを組み立てます

消費者の目線でキャッチコピーを考える

自分自身がサービス(商品)の利用者だったらどんな言葉に魅力を感じるか、消費者の心理を想像してキャッチコピーを考えます。お得感を強調したり、他社とのちがいをアピールしたり、思わず続きが知りたくなる「引っかかり」のような言葉があると興味を持ってもらえるかもしれません。

消費者の心理を想像してキャッチコピーを考えます

あれもこれもと詰め込みすぎて長くならないように、なるべく簡潔に、わかりやすい言葉で伝えましょう。重要な文字を大きくするなど、タイポグラフィを意識して文字に強弱をつけても良いと思います。

魅力的なビジュアルを選ぶ

写真やイラストなどのビジュアルは、キャッチコピーをイメージ化したものや、サービス(商品)を想像できて魅力的に感じられるものを選びましょう。写真やイラストはPIXTA などのフォトストックサイトで探します。

デザインのメインビジュアル 素材をフォトストックサイトで探す

今回の例で、この写真を選んだ理由は以下のとおり。


写真を配置しておおまかにレイアウトしてみます。

写真を配置しておおまかにレイアウト

要点を整理して重要なものを強調する

消費者は長い文章をていねいに読んでくれません。

なので、ひと目で重要なものが認識できるように文章の要点を整理して、わかりやすく組み立て直します。文字の位置や大きさ、強調したいところに色を使うなど工夫しましょう。

重要なものが認識できるように文章の要点を整理してデザインをわかりやすく組み立て

数字などの重要な部分を強調する

やりすぎには注意ですが、伝えたい重要なポイントがわかりやすくなりました。

仕上げに飾りを加えてクオリティアップ

全体的にすこしさみしいので、最後にもうひと工夫、主張しすぎない程度にさりげなく飾りのイラストを加えて、にぎやかな感じにしてみたいと思います。

文字をレイアウト

イラストを加えて夏休みらしい楽しそうな雰囲気にしました。白い部分が増えたので、いちばん重要なキャッチコピーは、ほかと差をつけるために黄色を使って強調しました。これで完成です。

イラスト素材はフォトストックサイトで入手→ イラスト素材【PIXTA】

イラスト素材をレイアウト

今回は3つのポイントに注目してデザインを考えてみましたが、これらは基本であり非常に重要なことなので、他の多くのデザインでも活用できるのではないかと思います。