イラレの消しゴムツール - 使い方や消えないときの対処(枠線がつく・画像が消えないなど)

2019.12.19

イラレの消しゴムツール - 使い方や消えないときの対処

イラレの「消しゴムツール」の使い方です。消しゴムのサイズ変更や、指定したものだけ消す方法、消しゴムツールでは消せないものなどを説明します。

消しゴムツールの使い方

消しゴムツールはどこ?

消しゴムツールは、はさみツールやナイフツールと同じところに格納されています。長押しでツールの切り替え、またはショートカットのshift + Eでツールを選択します。

消しゴムツールをダブルクリックで「消しゴムツールオプション」を開くことができます。

消しゴムツールはどこ?消しゴムツールをダブルクリックで「消しゴムツールオプション」を開くことができます。

消しゴムのサイズを太く・細くする

消したい範囲を大きく、または小さくしたいときに消しゴムのサイズを変更します。消しゴムツールオプションを開いて、「サイズ」を変更します。

消しゴムのサイズを太く・細くする

消しゴムのサイズを「筆圧」で太く・細くする

ペンタブがある場合は、サイズを筆圧に設定することができます。

筆圧が弱いと小さく、筆圧が強いと大きくサイズが変化します。変位を大きくすると、サイズの変化(落差)が大きくなります。

消しゴムのサイズを「筆圧」で太く・細くする筆圧が弱いと小さく、筆圧が強いと大きくサイズが変化します。変位を大きくすると、サイズの変化(落差)が大きくなります。

指定したパーツだけを消す

全部を消したくない、一部を消した場合は、消したいパーツを選択すれば、そのパーツだけを消しゴムツールで消すことができます。

指定したパーツだけを消す

直線で消す

消しゴムツールでshiftキーを押しながらドラッグすると、まっすぐな直線で消すことができます。

直線で消す

消しゴムツールが使えない・消せないときの対処

イラレの消しゴムツールは「ぼかし」や「不透明度」を設定することはできません。そのほか消しゴムが使えない・消せないときの例と解決策について説明します。


枠線ができる

オブジェクトに黒い枠線がついている場合は、消しゴムで消しても枠線は残ります。

オブジェクトに黒い枠線がついている場合は、消しゴムで消しても枠線は残ります。

線を残さないようにするには、消したいオブジェクトを選択した状態で、メニューの「オブジェクト」 → 「パス」から「パスのアウトライン」を選んでパスをアウトライン化します。

線を残さないようにするには、消したいオブジェクトを選択した状態で、メニューの「オブジェクト」 → 「パス」から「パスのアウトライン」を選んでパスをアウトライン化します。

枠線をアウトライン化したオブジェクトは線を残さず消すことができます。

枠線をアウトライン化したオブジェクトは線を残さず消すことができます。

写真などの画像は消せない

イラレに配置した写真などの画像は、消しゴムツールで消すことはできません。フォトショップなどで消すしかありません。

写真などの画像は消せない

レイヤーにロックがかかっている

レイヤーパネルでロックがかかっていないか確認します。サブレイヤーもチェックしましょう。

レイヤーにロックがかかっている

筆圧のある線は消しゴムで消すと線幅が一定の太さになってしまう

ペンタブで描いた線を消しゴムツールで消すと、筆圧の情報がなくなってしまいます。
線幅を残したい場合は線をアウトライン化する必要があります。

筆圧のある線は消しゴムで消すと線幅が一定の太さになってしまう

メニューの「オブジェクト」 → 「パス」から「パスのアウトライン」を選んでパスをアウトライン化すると線幅をそのまま残すことができますが、線として編集することはできなくなります。

「パスのアウトライン」を選んでパスをアウトライン化すると線幅をそのまま残すことができますが、線として編集することはできなくなります。