未経験でもWebデザイナーをめざそう! - 障害者支援 Web・ITスキルが身につくサービス

2019.10.10

未経験でもWebデザイナーになれる! 障害者就労支援サービス

「やりがいのある仕事がしたい」でも障害があって、なりたい職業をあきらめてる、という人に知ってもらいたい、Webデザイン専門の【atGPジョブトレIT・Web】 という障害者向け就労支援サービスがあります。

精神・発達障害、下肢障害などがある人が対象で、Webデザイナーとして就職するために必要なスキルを、 費用の負担なく学ぶことができます。

Webデザイナー講座の費用が無料

デジタルハリウッドのWebデザイナー講座を、無料で受講することができます。

デザインに必要な、PhotoshopとIllustratorの操作や、HTML、JavaScriptなどのコーディングの知識を学ぶことができるコースで、通常なら30万円近い費用がかかる講座です。

Webデザイナー講座とはどんなものかというと、基本的には動画で授業を見て学習していくスタイルになります。その動画のサンプルがこちら↓

わからないところは動画をくりかえし再生が可能で、誰かに遠慮することなく、自分のペースで学習を進めることができます。

動画を見てもわからない部分は、専門のスタッフに質問することもできます。

就職と就職後のサポート

就職活動だけでなく、就職後に職場に定着するまでサポートを受けることができます。

うつ症状、発達障害、聴覚障害、統合失調症、難病など、障害ごとに支援を行なっていて、職場定着率も9割を超えているようです。

atGPジョブトレIT・Webを受講するには?

対象者は、障害があり、働く意欲のある18歳から65歳までの人。週に4~6日、渋谷にある事業所に通う必要があります。(秋葉原にもオープン予定)

説明会に申し込んで、見学と体験通所という流れになります。申し込みは【atGPジョブトレIT・Web】 サイト内「お問い合わせ・説明会お申し込みフォーム」からできます。

障害はあるけどWebデザイナーになって働きたい、専門性を身につけて、自分にしかできない仕事をしたいという人はぜひ!